Cマックスローション 効果

毛穴は消える?CマックスローションのビタミンCと植物成分の効果

投稿日:

Cマックスローションを検討している方であれば、ニキビに関する評判については良くご存知のことでしょう。そして、主要成分がビタミンC誘導体だということも。

Cマックスローションの効果に関して見落としがちなのが、ビタミンC誘導体と一緒に働き、毛穴悩みにアプローチしてくれる豊富な植物由来成分です。

ここではビタミンC誘導体だけにとどまらない、シーマックスローションの毛穴・ニキビ・ニキビ跡に対する効果を見てみましょう。

Cマックスローションの成分「水溶性ビタミンC誘導体」とは

Cマックスローションの代表的な成分であるビタミンC誘導体の効果について手短に確認しておきましょう。

美肌に効果的で飲んでも塗ってもOKなビタミンCですが、肌に吸収されにくい、空気に触れると壊れてしまう、という弱点がありました。この問題を解決するため肌に浸透しやすいように加工されたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体に期待される美肌効果といえば、

  • 美白効果…シミ・そばかすの原因になるメラニン色素の合成を阻害
  • エイジングケア効果…活性酸素を除去し、コラーゲンの生成を助ける
  • 肌を整える効果…皮脂の過剰な分泌を抑え、炎症を鎮める

などが代表的。もちろん毛穴にも効果的です。

リン酸アスコルビルMgを6%の高濃度で配合!

ひとくちにビタミンC誘導体といっても様々な種類があります。シーマックスローションに含まれる「リン酸アスコルビルMg」はエステサロンや美容クリニックでも使われるもので、イオン導入にも対応できるタイプ。

一般的な化粧品で多く用いられている安価なグルコシドタイプに比べ、肌奥でビタミンCに変換されて効力を発揮する割合も高いといわれています。

美容クリニックで用いられるビタミンC誘導体の濃度は5%程度が一般的ですが、Cマックスローションは6%ものビタミンC誘導体を含む高濃度処方となっています。

【関連記事】【最安値はココ】Cマックスローションの口コミ

毛穴の黒ずみが消える?メラニン排出効果とは

毛穴悩みの代表といえば「黒ずみ」があげられるでしょう。黒ずみには大きく分けて2つのタイプがあります。

ひとつは、古い角質やメイク汚れが毛穴に残り、酸化して黒ずんでいるケース。そしてもうひとつは、上の方でも口コミをチェックした色素沈着。シミやそばかすと同じように紫外線の影響で毛穴周りにメラニン色素が沈着して黒ずんでいるケースになります。

前者はクレンジングや洗顔によって毛穴をきれいにすることで改善を期待できます。問題なのは後者。シミと同じようなメカニズムなのでクレンジングや洗顔だけでは落とすことはできません。美白化粧品などによる肌のホワイトニングが必要になります。

さて、ビタミンC誘導体といえば、美白化粧品に含まれる代表的な成分の一つですよね。つまり、ビタミンC誘導体を高濃度で含むCマックスローションは、メラニンの生成を防ぎ、毛穴周辺の黒ずみにアプローチするのに有効なのです。配合されている植物由来成分のひとつであるプルーン分解物のサポートも期待できます。

植物由来成分【プルーン分解物】の働き

Cマックスローションの成分 プルーン
紫外線によるシミ・そばかすを防ぎます。メラニン色素の沈着で黒ずんだ毛穴にもアプローチ。

開き毛穴も目立たない?皮脂の過剰分泌を抑える効果

30代くらいから多くなるのが毛穴の開き。肌の乾燥と密接に関係している代表的な毛穴悩みです。

肌が乾燥すると、これを補うために皮脂がたくさん分泌されるようになります。多くの皮脂を分泌する毛穴は大きく広がり、広がりっぱなしの状態に。メイクをしても毛穴が目立つようになり、肌がざらざらとしてキメも荒く、透明感が失われてしまいます。

ビタミンC誘導体には皮脂の過剰な分泌を抑える働きがあります。皮脂の分泌が減ることで毛穴は大きく広がる必要がなくなり、目立たなくなっていきます。Cマックスローションに配合されている植物由来のアロエベラ葉エキスもこれをサポートしてくれます。

植物由来成分【アロエベラ葉エキス】の働き

Cマックスローションの成分 アロエベラ
毛穴から出る皮脂の分泌をバランス良く調整。毛穴の開きや黒ずみの原因にアプローチ。

ニキビ跡の赤みにアプローチ!炎症を抑える効果

乾燥すると皮脂が分泌されることにふれましたが、乾燥しても皮脂が分泌されない場合は別の問題が生じます。

潤いを失い水分不足になった肌表面の角層は外部の刺激にとても弱い状態です。皮脂の助けもないため、紫外線や汚れた大気がダイレクトに肌にダメージを与えます。ダメージを受けた肌からは水分が逃げやすく、さらに乾燥しやすい体質に。とくに敏感肌の人の肌ではこのようなことが起こりがち。ちょっとした刺激でも赤みなどのトラブルが生じやすくなります。

ニキビが治った後で赤みだけが残ることがあります。これはニキビ跡の症状のひとつ。ニキビは治っても炎症が続いているために赤みがひかないのです。ビタミンC誘導体には炎症を鎮めて赤みを抑える働きがあります。Cマックスローションに配合されている、肌の赤みを防ぐ働きのあるマグワ根皮エキスもこれをサポートしてくれます。

植物由来成分【マグワ根皮エキス】の働き

Cマックスローションの成分 マグワエ根皮
肌の赤みや色ムラを防ぎます。UV防御作用、収れん作用で透明感のある肌へと導きます。

たるみ毛穴対策にも?コラーゲン生成を助ける効果

たるみ毛穴は40代くらいから見られるエイジングサインの一つ。加齢にともない新陳代謝が鈍ると、肌のハリや弾力を支える真皮のコラーゲン、エラスチンといった組織が若いときほど活発に作られなくなります。また、紫外線などによる長年のダメージの蓄積はコラーゲン、エラスチンを損傷させたり、切断したりします。

これによって肌が全体的に弾力を失って、たるみが生じます。年齢を重ねるとどうしてもフェイスラインがシャープではなくなってきますが、その背景にはこうした肌のエイジングがあります。

たるみ毛穴は、たるんだ肌に引っ張られるようにして毛穴が涙型に広がってしまう状態。メイクをしてもファンデーションが毛穴に入り込んで毛穴が目立ってしまう「毛穴落ち」も起きやすくなります。

たるみ毛穴の改善には、たるみそのものにアプローチするエイジングケアが必要です。ビタミンC誘導体には、コラーゲンの生成を助ける働きがあります。ダメージを受け、たるみを引き起こしている脆弱なコラーゲンがしっかりと補われることで、肌はハリと弾力を取り戻し、たるみ毛穴も目立ちにくくなっていくでしょう。Cマックスローションに配合されているローズマリーエキスもこれをサポートしてくれます。

植物由来成分【ローズマリーエキス】の働き

Cマックスローションの成分 ローズマリー
活性酸素を除去する若返りハーブ。毛穴を引き締め、エイジングによる肌のたるみにもアプローチ。

コラーゲンを守ってクレーター悪化を防ぐには?

毛穴に由来する肌悩みの中でも、特に深刻といえるのが陥没するタイプのニキビ跡。クレーターと呼ばれることもあります。

ニキビは、詰まった毛穴にアクネ菌が繁殖し、炎症を起こすことで生じます。ひどくなると膿がたまり、さらに炎症がつづけば毛穴周辺の組織の一部を破壊します。毛穴周辺のコラーゲンが破壊されると肌の一部が陥没してクレーター状に。

クレーターになってしまったニキビ跡をきれいに回復させるのは残念ながら難しいのが実情です。ただ、クレーターができる原因はコラーゲンの破壊なのですから、コラーゲンの生成を助けるビタミンC誘導体はここでも有用です。

何より大切なのはクレーター状になるまでニキビを悪化させないこと。Cマックスローションに配合されている、抗炎症作用のあるカンゾウ根エキスがニキビの炎症にアプローチしてくれます。

植物由来成分【カンゾウ根エキス】の働き

Cマックスローションの成分 カンゾウ
抗炎症作用があり、肌を健やかに保って肌荒れを防ぎます。

このように、Cマックスローションは主要成分である水溶性ビタミンC誘導体に植物由来エキスの働きを加えることで、毛穴からニキビ跡まで徹底ケアを可能にしています。

 

公式サイトで見てみる

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

有名人も愛用のニキビ跡化粧品【 C-マックスローション 】

 

 

 

 

-Cマックスローション 効果

Copyright© 毛穴ケアの効果 , 2020 All Rights Reserved.